安い!リピート続出の葬儀や家族葬!実現するための最大の秘訣と絶対条件!

Sponsord Link

安い!

リピート続出の葬儀や家族葬!

実現するための最大の秘訣と絶対条件!

 

Sponsord Link

 

安いのに質やサービスが落ちない葬儀や家族葬を実現するためには、それ相応の方法や条件があります。

しっかりと確認して、故人のためにも、残される家族のためにも、安くて優秀な葬儀や家族葬を行いましょう。

 

 

現代社会の葬儀費用

現代社会の葬儀費用には、実は大きな問題点があります。

どんな問題点かと言いますと、葬儀社によって値段が違いすぎるのです。

 

つまり選ぶ葬儀社によって、費用の格差が大きすぎるのです。

 

葬儀費用の格差が大きすぎる

それではどれくらい葬儀費用の格差があるのか詳しくみていきましょう。

たとえば、同じような質やサービスの家族葬を葬儀社Aと葬儀社Bに依頼した場合・・・

 

葬儀社A:家族葬費用が100万円

葬儀社B:家族葬費用が30万円

 

この2つの葬儀社の家族葬の質やサービスは同程度です。

 

えっ・・・?

これって本当なの?

はい、これは実際に起きていることなのです。

 

これで葬儀社Aに依頼するのは、バカらしいですよね。

 

なぜこんなに大きい格差があるのか?

では、今の葬儀業界、なぜこんなに大きい格差があるのか・・・・?

そこには明確な理由があります。

 

葬儀費用の格差が起きた最大の要因は、インターネットなのです。

 

一昔前までは、葬儀費用は全国的に高く、安い葬儀社なんて、皆無に等しかったのです。

すべての葬儀社ともに、全国的に高いわけですから、安くする必要がなかったのです。

 

しかし、インターネットの低価格葬儀社がでてきたことにより、事態は一変していきました。

 

もともとの葬儀って、地元の葬儀社が地元の人との繋がりで葬儀を施行していました。

 

では、地元との繋がりが無い人が、新しく葬儀社を立ち上げたとします。

何で勝負しますか?

価格を下げることで勝負するのです。

 

一昔前の葬儀って本当に高くて、参列者も多かったので、一件の葬儀で純利益が100万円以上なんて、ざらにありました。

なので、20万円くらい安くしたって、十分な利益があるのです。

 

そりゃー、安くして勝負したって、たいして痛くないので、やりますよね・・・・

 

安い葬儀社の特徴

では最初に、インターネットで安いと言われている葬儀社の特徴をみてみましょう。

 

インターネットの場合、どの業界の商品も同じですが・・・

店舗がなくてもOKなことを考えると、それだけで、家賃代、スタッフの人件費、などが無くなるため、経費が大幅に削減されます。

また、ホームページなどのWebページを作ることで、看板やチラシなどでかかっていた多額の広告宣伝費も削減することが可能でしょう。

 

このように、インターネットの場合、経費の大幅な削減が見込めるので、なんの商品でも費用を安くすることが可能なわけです。

葬儀業界の場合も、それは同じです。

 

昨今、低価格でも優秀な葬儀というのが浸透してきて、インターネットで葬儀や家族葬を依頼することが主流になりつつあります。

ネットで葬儀や家族葬を依頼する人が増えれば、そのお客様をねらって低価格のネットの葬儀社も増えていきます。

 

その結果、たどり着くのは、お客様の争奪合戦、つまり低価格競争の勃発です。

すでに、現代社会では、激しい低価格競争が起きており、すでに金額は落ちるところまで落ちています。

現時点で、一部のネット葬儀は、ギリギリのところまで安くなっているのです。

 

ここで注意点です。

すべてのインターネットの葬儀社が低価格で優秀かと言われれば・・・

それは保証できません。

 

なぜ、保証できないのかというと、日々、葬儀社も生まれてきては消えています。

なので、すべての葬儀社の信頼性をすぐに把握することは大変、難しいのです。

 

高い葬儀社の特徴

では次に、現代社会で、高額な葬儀や家族葬になる可能性が高い、葬儀社をみてみましょう。

 

さきほど、低価格になっているネットなどの一部の葬儀社を紹介しました。

なぜ安くなっているのか・・・?

 

それは、激しい低価格競争が起きているから・・・とお伝えしました。

 

では低価格競争が起きていなかったら・・・・

そうなのです。

低価格競争が起きていなければ、葬儀費用を安くしなくても済みますよね。

 

では、どんな場合が、低価格競争が起きていない?

 

たとえば、考えてください。

昔の葬儀は、地元の葬儀社が地元との繋がりで葬儀をしてたのが多くありました。

いまだに、この繋がりが続いているところも多くあります。

 

このような場合、どうでしょうか?

今までの信頼関係もあるので、地元の人はなんの疑問もなく、いつも依頼している葬儀社に依頼します。

ネットにものすごい安い葬儀があることも知らずに、値切ることもなく、昔ながらの高い葬儀を行っているのです。

 

地元の葬儀社でもネットと同じくらい安くしている葬儀社もあるかもしれませんが・・・・

かなり少ないでしょう・・・

 

まーこのような低価格競争がない状況であれば、葬儀社は安くする必要もないわけです。

また、同じ地元なのに、今まで葬儀をした人が高額で、今後の人達だけ安くするなんて、できないなんて事情もあります。

 

あと、もう一つ、高額な葬儀になる可能性が高いパターンがあります。

それは、病院や警察、高齢者施設などから紹介された場合の葬儀社です。

 

事前に葬儀社を決めていない場合、紹介に頼るしかなくなりますよね・・・

 

この場合も、低価格競争が起きません。

なぜかというと、一件だけ紹介されるだけだからです。

 

紹介された場合って、日本人の良いところというか、悪いところというか・・・

事前に調べていないので葬儀の相場もわからないし、また紹介されたてまえ、なんの要望も言わず、お任せ的な感じにしてしまいます。

 

お任せされた葬儀社が、できるだけ、安い葬儀にするわけがないのです。

葬儀社も生き残りに必死です。

高い葬儀をして売り上げも利益も上げなければならないのです。

 

それと、最後にもう一点、注意しなければならないケースをあげておきます。

これも事前に葬儀社を決めていない場合です。

 

事前に葬儀社を決めていない場合に、ネットや近所の葬儀社など、葬儀社を適当に決めるパターンも多くあります。

このような場合も要注意です。

 

もちろん、この場合も一件の葬儀社に依頼するので、まず価格競争がおこらないので、低価格は望めません。

そして、もっとも注意しなければならないのは、追加料金です。

 

ネットで見て料金が安いと思っても、見積りをとっていない何も知らない葬儀社に依頼すると、最初に言われた金額よりも多額の追加料金が請求される場合があるのです。

 

どんな葬儀社を調べて選べばいいの?

では、いったいどんな葬儀社を調べて依頼すればいいの?

 

なんでもそうですが、商品は以下の4つのパターンに分けられます。

①高くて良い

②高くて悪い

③安くて良い

④安くて悪い

 

③の安くて良いが一番ベストに決まっています。

このような葬儀社を探すのです。

 

高額になるパターンとして、事前に何も調べないで、適当な葬儀社に依頼する・・・

これが本当にダメなのです。

 

事前に何も調べないと、葬儀の相場も知らない、まったく知識がない・・・

これでは、葬儀社にお任せになって、葬儀社の言いなりの値段になるのも当たり前なのです。

 

絶対条件として、葬儀の見積もりをとりましょう。

これが、すべてを解決するのです。

 

安くて良いを選ぶ最大の秘訣!

では、安くて良い葬儀社を選ぶ最大の秘訣は・・・・

全国でたくさんの人達が安くて良い葬儀を実現して成功している方法で葬儀社を選ぶ!!

 

これが最大の秘訣なのです!!

 

安くて良い葬儀社を選ぶ絶対条件!

では上記の最大の秘訣を実行する絶対条件!!

 

全国で大勢の人達が簡単に安くて素晴らしい葬儀を実現している方法が以下の方法です。

みんなが成功している方法をマネするのが最善の方法なのです。

 

一都三県で最安値級を調べてみました

一都三県で最安値級の葬儀社を調べてみました。

調べる時間がない方々は、ご参考にしてください。

 

最安値クラスの安さで、リピートも多い葬儀社です。

葬儀社選びの良い基準になるでしょう。

 

 

Sponsord Link

公開日: