実は葬儀は・・・祭壇は無しでも大丈夫ですよ!

      2018/10/19

 

葬儀の祭壇って・・・実は無くても大丈夫ですよ。

 

葬儀の祭壇

Sponsord Link

 

もちろん、祭壇があるにこしたことはないんですが・・・無くても葬儀をすることに差し支えはありません。

 

祭壇の決め方

葬儀の祭壇ってみなさん、どのように決めていますか?

 

ご葬儀の打合せの時に、葬儀屋さんに祭壇のカタログを見せられて、葬儀屋さんから一言・・・

 

「この祭壇がみなさん1番多くお選びになりますね。」

 

と平均的な祭壇を紹介されると・・・

 

大体のみなさんが、それかまたはそれ以上の祭壇をお選びになりますよね。

 

このように決めている方がほとんどかと思います。

 

祭壇と言えば、伝統的な白木の祭壇や、いま流行りの花祭壇が一般的です。

 

だけど、白木の祭壇も花祭壇も、平均的な祭壇を準備するとそれなりに費用がかかります。

 

祭壇が無くても良い理由

最初にいいましたが・・・

 

別に祭壇を必ずしも準備する必要はありません。

 

祭壇はなくても葬儀はできるのです。

 

祭壇は宗教的に必ずしも準備しなければならないものではありません。

 

葬儀の遺影やお供物を飾る台などがあれば、別にわざわざ祭壇である必要はないのです。

 

祭壇を無しにする!?

 

しかし、祭壇を準備しないで葬儀をするスタイルは葬儀業界ではまかりとおっていません。

 

葬儀屋としたら祭壇を頼まれないと商売にならないのです。

 

葬儀屋も経営していくうえで、利益を出さなければなりません。

 

一番、利益を産むのが祭壇なのです。

 

なので葬儀社は祭壇はなくても大丈夫とは絶対にいいません。

 

今後も普通に考えたら、祭壇はなくても問題ありません、とは言わないでしょう。

 

葬儀社としても祭壇は準備しない世の中になっていったら商売が立ち行かなくなる可能性もあるでしょう。

 

それぐらい祭壇は葬儀屋にとって肝なのです。

 

ですので祭壇を無しにしたいと、いっても一筋縄ではいかないのが現状です。

 

祭壇はいらない、のまとめ

祭壇はいらない、について。

 

極論は・・祭壇はいらない、とゆうか、無くても問題はないのです。

 

しかし、葬儀社の事情や今までの慣習や伝統により準備する場合がほとんどです。

 

また、葬儀セットに祭壇やその他の内容も含まれている事が多いので、祭壇だけ省くというは・・・正直、難しいというのが事実です。

 

セットには受付セットや宗教者の道具なども含まれていて、それを省いても大丈夫なのか理解している

玄人でないと・・・交渉できないのです。

 

では、葬儀の打合せで祭壇はいらない・・・と言ったら、どうなるでしょう・・・

 

良くない葬儀社の例

故人様のご家族の方々は、たいてい葬儀事情については素人でしょう。そこにつけこんでくるのです。

 

一般的な葬儀は・・とか、宗教的には・・・とか、この地域では・・とか、今までにない・・とか、凝り固まった葬儀の定説の説明をされるのです。

 

そう言われれば従うしかありませんよね。

 

 

良い葬儀社の例

ご家族の意向をくみとって、祭壇を準備しなくても葬儀ができるように考えてくれる。

 

セットに含まれている祭壇や受付セット、宗教者の道具など、要・不要を考えてくれる。

 

しかし、このような葬儀社はなかなかいない・・・というの現実です。

 

祭壇を準備しない事は可能ですが、その場合、葬儀社と事前相談をしておくと良いでしょう。

 

祭壇無しレベルの低価格な葬儀社

最近では、インターネットの低価格競争に歯止めがかかりません。

 

インターネットでは、祭壇なし、とか関係ないレベルで安い葬儀社さんもでてきました。

 

小さいですが、基本の花祭壇がついているのに、とにかく安いです。

 

そんな良い葬儀社を誰でもカンタンに探す方法を紹介します。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 最高の葬儀の内容