お香典返しを準備しないで済む方法!

      2018/11/02

 

お香典返しを準備しなくて済む方法があります!

 

お香典返し1

Sponsord Link

 

準備しなければならない場合もありますので、その違いを理解して、決定しましょう。

 

お香典返しとは

お香典返しってなんですか?という方のために。

 

みなさん、葬儀に参列された時の事を思い出してください。

 

まず受付でお香典を渡しますよね。

 

すると引換券が手渡されますよね。

 

お帰りの際に、引換券と引き換えに渡される物がお香典返しです。

 

※地域性がありますので異なる事もございます。

 

スタンダードな物はお茶やのりですね。

 

最近ではコーヒーやクッキーなども増えてきましたね。

 

お香典返しを準備しないで済む方法① 本当の家族葬

必ず家族葬を行うことです。

 

本当の本当に家族だけで行う葬儀にするのです。

 

現代の家族葬は家族葬とはいっても、だいたい近い親戚などは参列される事が多いです。

 

親戚が参列する場合、ほとんどの場合、お香典を持ってきます。

 

それは過去の親族のご葬儀でお香典をお互いに出し合っている、ながれがあるからなのです。

 

以前に自分たちが葬儀をした時に、お香典をいただいてるのに、逆になった時に返さないわけにはいかないですよね。

 

いただけばお返しするのは礼儀であり常識です。

 

つまりお香典を準備しないで済む方法は、お香典をいただく可能性がある方はお呼びしないことです。

 

つまり、一番、確実なのは家族だけで葬儀を行う事です。

 

たとえば、親戚でも友人でも、本当の家族のような付き合いで、お香典はいっさいなし、という話がわかっていただける方であれば、お呼びしてもよいでしょう。

 

お香典返しを準備しないで済む方法② お香典辞退の通知

もう1つのお香典を準備しないで済む方法は・・・

 

お香典の辞退・・・

 

つまりご葬儀に参列された方から、お香典を受け取らない旨を

受付の看板などで通知する。

 

ご葬儀に参列する方がわかっていれば、事前に通知するのもよいでしょう。

 

しかし、この場合、徹底的に通知しないと、通知を知らなかった、聞かなかった、方などは当然出てきます。

 

また、通知を知っていても、自分の時はいただいたからお香典を持ってきました・・・という人はたいていの場合、いらっしゃいます。

 

断っても、お香典を差し出してきます。

 

そうなるともう御断りできません。

 

逆に失礼にあたる可能性もあります。

 

ですので、この方法は必ずしも思うようにはいかない可能性がありますのでご注意ください。

 

お香典返しを準備しなければならない場合

ご葬儀に親族や一般の方が参列されて必ずお香典をいただく場合。

 

もうこの場合は、お香典返しを準備するしかありません。

 

すでにお香典返しは常識化していますので、無い場合は、参列された方に、あれ?と思われてしまいます。

 

不特定多数にご葬儀の告知をしている場合、人から人へと葬儀の件は必ず伝わっていきます。

 

制限をしていなければ、どんどん広がっていくのです。

 

この事を考慮すると誰が参列してくるかわかりません。

 

絶対にお香典返しは必要になるわけです。

 

当日にお香典返しは準備していなくても、後日にお返ししなければなりません。

 

郵送代や手間などを考えると、当日にお香典返しを準備しておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

厳しく言いますと、お香典返しを準備しない場合は、家族、または家族の一員ような方以外には誰にも言わないことです。

 

そう、徹底的に言わないのです。

 

あの人だけは、、と伝えてしまうと、、、

 

葬儀の事を伝えて欲しくなかった方々に、人伝いに伝わってしまってもなんの不思議もありません。

 

中途半端に伝えるカタチでは、ご葬儀に参列してくれた方々へ失礼にあたったり、ご自分が恥をかいてしまうかもしれません。

 

十分に注意してください。

 

葬儀社を間違うと一生後悔

 

お香典返しを準備せずに、葬儀費用を節約する方法はあります。

 

しかし、葬儀費用はまた別です。

 

葬儀費用がべらぼうに高額な葬儀社が、まだまだ世間にはあります。

 

昔ながらの葬儀社は高額な傾向が強いですね。昔のままなので。

 

しかし、今は、格安でサービスが良い葬儀社も増えています。

 

みなさん知らないだけなのです。

 

知らないだけで、数十万、いや数百万、多く支払うなんてアホらしいですね。

 

 

誰でもカンタンに低価格の葬儀社を見つけられる方法です。

是非、みてください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 最高の葬儀の内容