葬儀の喪主挨拶!実際の事例を紹介!

      2018/11/19

 

葬儀の挨拶といえば、喪主さんの出棺の挨拶が一番大事なのではないでしょうか。

 

ご挨拶

Sponsord Link

 

実際の事例をご紹介します。

 

挨拶の例文を丸読み

喪主の出棺の挨拶や食事の前にする挨拶には例文があります。

 

葬儀社との打合せの時に、だいたいの葬儀社は、例文が表記されている紙を喪主様に渡しておきます。

 

すべての葬儀社ではないかもしれませんが・・・

 

感極まって、なかなか挨拶できない可能性もあるので、丸読みしてもかまわない旨、葬儀社が喪主さんにお伝えしている場合が多いのです。

 

感極まっていない場合でも、ただただ丸読みの方もいらっしゃいます。

 

ご挨拶が苦手な方は、けっこういらっしゃいます。

 

挨拶の例文 + オリジナル

出棺の挨拶の例文に、オリジナルのご挨拶をプラスされる喪主様も多いです。

 

故人様との思い出だとか、最後のご様子など、お話される場合が多いですね。

 

完全にオリジナル

喪主様の出棺のご挨拶!

 

すべて完全にオリジナルの挨拶!

 

これは、日頃から挨拶に慣れている方だったり、挨拶が得意な方でないと難しいです。

 

まだ間に合う?葬儀社を変えれば50万安い?

喪主の挨拶も大事ですが、葬儀社の選択は間違っていませんか?

 

最近、葬儀社の選択を誤っている人がたくさんいます。

 

格安で良心的な葬儀社に依頼していれば大丈夫なのですが・・・

 

昔のまま、高額の見積りを行い、高額請求をしている葬儀社もたくさ~んあります。

 

何も調べない人や、地元で葬儀社が決まっている場合は、何も調べずに依頼してしまいます。

 

そんな場合に高額の葬儀社に依頼してしまう事が多いのです。

 

下手をしなくても50万以上高いなんて、普通にあります。

 

一度でもいいので、以下をご覧ください。

 

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話