葬儀や家族葬の日程は2日?それとも1日でもいいの?

      2018/11/07

 

葬儀の日程を考えると、お通夜と告別式が一般的ですね。

 

家族葬の日程

Sponsord Link

 

しかし、最近ではお通夜・告別式と2日間にわたる日程と、お通夜を省略した告別式のみ1日で行う日程があります。

 

2日間と1日、葬儀の日程についてまとめました。

 

2日間の日程

2日間の日程で行われる葬儀や家族葬とは、お通夜、そして告別式と2日にわたって執り行う形式の伝統的な葬儀スタイルです。

 

1日間の日程

1日で行う葬儀とは、お通夜を省略して告別式の1日のみで行う現代葬儀のスタイルです。

 

葬儀のウラ話ですが、この1日間の葬儀スタイルは、葬儀社の都合で生まれたと言っても過言ではないでしょう。

 

葬儀のお客様を獲得するために、料金が安く時間も取られない、1日間で行う葬儀スタイルをサービスとして開始したのです。

 

財布の紐が固く、忙しい現代社会の人々にとって、1日間で行う葬儀スタイルは受け入れられたのです。

 

宗教者としては1日葬は反対!

現代社会のニーズとはいえ、宗教を無視して勝手に生み出された一日で行う葬儀を、宗教者はどのように考えているのでしょう。

 

当然ですが、絶対、反対なのです。

 

現代社会の都合だけで生み出された葬儀スタイルです。

 

賛成するはずもありません。

 

ですので、お寺とお付き合いの深い方が、一日で行う葬儀を行うためには、宗教者の理解が必要となりますので、難しいかもしれません。

 

葬儀社選び!失敗して高額な支払い!

葬儀をご検討の方!

葬儀社選びだけは失敗しないでください。

失敗して高額のボッタくり費用を払っている方がたくさんいます。

葬儀の適正価格は下がっているのに、いまだに高額の葬儀社がたくさんいます。

ぼったくりで一生後悔しないように、以下をご覧ください。

↓ ↓ ↓

→8割が知らない!低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話