通夜と葬式?葬儀と告別式?意味は何が違うの?

      2018/11/19

 

何気なく使っている葬儀や葬式、お通夜という言葉、一体、何が違うのでしょうか?

 

葬式

Sponsord Link

 

通夜、葬儀、葬式、告別式についてまとめました。

 

お通夜の意味は?

お通夜とは葬儀を行う前日の夜に、故人を弔う儀式です。

 

ご遺族が故人といられる最後の夜ですので、夜を徹して供養するいわば、家族と共に過ごす儀式です。

 

名前にも夜がついているので、わかりやすいとは思います。

 

お通夜とは夜に行う儀式ですね。

 

葬儀の意味は?

葬儀とは、お通夜の次に日に行われる儀式です。

宗教的に故人を弔い、そして葬る、公的な儀式です。

 

告別式の意味は?

告別式とは葬儀の後に行われる儀式です。

 

宗教的な儀式というよりは、みなさんとお別れする儀式です。

 

最後にお顔を見てもらったり、お棺にお花を入れてもらったり、そして、喪主に挨拶があったりします。

 

お葬式の意味は?

お葬式の意味は、葬儀と告別式を一緒にした時の意味と言われますが、微妙です。

 

お葬式には、そういった定義はありません。

 

現代では、お葬式といえばお通夜も含むニュアンスです。

 

葬儀も葬式と同等の意味に用いられますので・・・

 

意味ははっきりしません。

 

葬儀の事前準備を後回しにすると・・おそろしいくらい損する・・

葬儀の事前準備を後回しにすると、おそろしいくらいに損する場合があります。

 

葬儀について調べている、今がその時、事前に準備する時です。

 

準備をしなかったり、適当に葬儀社を選ぶと、大変な目にあう事が多いです。

 

病院の紹介をそのまま受けたり、適当に近所の葬儀社に依頼したり・・・

 

車一台分の金額が違ったりする事もよく聞きます。

 

知っているだけで、格安で親切な葬儀社を紹介してもらえます。

 

一度、みてください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る