供花の種類はいくつ?葬儀や家族葬で違いはあるの?

      2018/11/17

 

供花(きょうか)の種類はいくつぐらいあるのでしょうか?

供花とは生花(せいか)と言う場合もあります。

 

キクの花

Sponsord Link

 

葬儀や家族葬によって供花の種類は異なるのでしょうか?

葬儀の供花の種類についてまとめました。

 

供花(生花)とは

祭壇の両脇に飾られるお花。

子供一同や孫一同など、札を添える。

 

供花の定番はキク

供花の定番はキクです。

一昔前まではキクだけ、みたいなものでした。

 

供花の種類は?

今、現在では供花の種類は増えています。

 

定番のキクはもちろんですが・・・

供花は大きく2つに分ける事ができます。

 

キクと洋花です。

 

キクは白の一種類だけですが、洋花は、白系、ピンク系、紫系など、様々です。

 

様々な種類を織り交ぜても、左右対称にキレイに並べると素晴らしい祭壇の一部となります。

 

家族葬と一般葬の供花の違いは?

家族葬も一般葬も供花に違いはありませんが・・・傾向はあります。

 

一般葬の場合は、荘厳で一体感のあるイメージを求められる場合が多いので、供花もキク一種類など、統一感を出す場合が多いです。

 

家族葬の場合は、逆に自由ですので、供花をオリジナルのバラにしたりと、自由にする事が可能です。

 

知ってますか?事前に準備しない人は葬儀費用が50万多い?

知っていますか?

 

事前に準備をせずに葬儀を迎えると葬儀費用が50万多い?

 

これはどういう事でしょうか?

 

実は現代社会には、まだまだ昔と同じような高額な葬儀社が多いのです。

 

何も知らずに、適当な葬儀社に依頼すると本当に高額なのです。

 

最近、多くなってきた低価格で親切な葬儀社に比べると平気で50万以上高くなります。

 

 

これが事前に知っているだけで回避できるのです。

 

誰でもカンタンに格安の葬儀社を探せる方法です。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話