葬儀の供花の連名!依頼をカンタンにする方法!

      2018/11/11

 

葬儀の供花を連名で依頼したい!なんていう場合も多いですよね。

 

生花

Sponsord Link

 

要点を掴んでおけばカンタンに依頼できますよ。

以下、供花の連名の出し方をまとめました。

 

基本的に供花は葬儀社に依頼

基本的に供花は担当の葬儀社に依頼しましょう。

 

知っているお花屋さんなどでもいいのですが、実はお花の種類や色、名札の種類や色もお花屋さんでそれぞれです。

 

イメージの違う供花が届いてしまうと、全体的な祭壇のイメージを崩しかねません。

 

しかも、外部からの依頼の場合、お花屋さんは届けるだけ。

 

設営から撤去・処分まですべて葬儀社から依頼されたお花屋さんがするのです。

 

特別な理由もなく、お花屋さんはどこに依頼しても問題ないのであれば、葬儀社に依頼しましょう。

 

これは葬儀の知られざるマナーの1つとも言えるでしょう。

 

供花の連名 人数は6名くらいまで

供花の連名は6名くらいが限界でしょうか。

 

それ以上でも可能ですが、名札の表記が小さくなり過ぎてしまって見えずらくなります。

 

あまりに小さくなりすぎても微妙ですからね。

 

3名までは横並び。

6名の場合は2段で横並びになりますね。

 

供花の連名 右から目上の人から

供花の連名は右から表記して、目上の方からです。

 

供花の申込書の名札の欄には目上の方から順番に記載しておきましょう。

 

事前の準備で葬儀費用が50万は安くなる?

葬儀の供花について説明してきましたが・・・

 

みなさん、この機会にぜひ、ごらんになってください。

 

今現在、高額の葬儀費用を請求されて後悔される方が大変多くなっています。

 

 

なぜ高額の葬儀社に依頼してしまうのか・・・

 

私は大丈夫と何も調べない人が、だいたい高額の葬儀社に依頼してしまうのです。

 

誰でも実は、簡単に格安で優秀な葬儀社を探す事が出来ます。

 

事前の準備で葬儀費用が50万とか100万変わる事も普通にあるのです。

 

後悔する前に、ご覧ください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る