キリスト教の葬儀!カトリックの方が厳しいの?

      2018/04/24

 

キリスト教の葬儀ってどうなのでしょうか?

 

教会

Sponsord Link

 

キリスト教ってカトリックとプロテスタントがありますが、葬儀も異なるのでしょうか?

 

キリスト教についてまとめてみました。

 

一般の人はカトリックの方が厳しいと思っている

一般の人々はカトリックの方が厳しいと思っている傾向にあるようです。

 

その理由としては、原則的に協会に週に1回は行かなければならない。

 

上下関係が厳しいというのがあるようですね。

 

またカトリックの協会は聖書の解釈が統一しているので全体的に厳しいイメージがあるようです。

 

プロテスタントはゆるい?

プロテスタントの場合、教会にはいつ行ってもいいそうです。

 

それは半年に一回でも・・・

 

また、プロテスタントの場合、教会によって聖書の解釈に違いがあるそうです。

 

これもゆるいというイメージがある1つの理由ではないでしょうか。

 

結論

キリスト教に詳しい人が言うと、カトリックもプロテスタントもどちらも厳しいのだそうです。

 

信仰の度合いにより、どちらも厳しくもなるしゆるくもなるそうですよ。

 

それはごもっともですよね。

 

キリスト教の葬儀

カトリックの場合はいつも通い慣れている教会で葬儀をする事が多いようです。

 

悪い言い方かもしれませんが、カトリックでないと葬儀は受けない事が多い?ようです。

 

プロテスタントはその逆で、斎場で葬儀をする事もあれば、キリスト教と主張する人であれば、葬儀をしてあげる事もできるようです。

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る