葬儀の参列マナー!絶対にするべき3つのポイント!

      2018/04/24

 

葬儀に参列する時のマナー!

絶対にするべき3つのポイントをまとめました。

 

お焼香

Sponsord Link

 

これさえおさえておけば大丈夫でしょう。

 

①服装は喪服

かなり当たり前の事ですが、参列は喪服です。

 

高校生以下の場合、制服でも大丈夫ですが、一般の人はほとんど100%で喪服です。

 

②持っていくもの

お香典、数珠、は必ず持っていきましょう。

 

お香典をしまう、ふくさがあると、なお大人のマナーとなります。

 

③持っていくもの

お焼香の仕方にもマナーがあります。

 

一般的なお焼香の方法です。

 

お焼香所の前にきたら、

①まず向かって右側、遺族の着席側に一礼。

②次に向かって左側、親族の着席側に一礼。

③正面を向いて故人の遺影に一礼

④お焼香をします。

⑤お焼香が終わったら故人の遺影に一礼。

⑥次に向かって左側、親族の着席側に一礼。

⑦最後に向かって右側、遺族の着席側に一礼。

 

よく、お焼香の数を気にされる方がいらっしゃいます。

 

参列が長蛇の列の場合に運営スタッフから1回にしてください、といった指示がある事もありますが、特に指示がなければ3回にしましょう。

 

もちろんご自分の宗派の回数で行いたい方は、それでけっこうです。

 

ご遺族の宗派に合わせようとする方もいますが、特にそれは気にされなくて大丈夫です。

 

お焼香の回数は自由です。

3回だと時間をかけて、ご供養できますので、回数を気にされない方は3回がよいでしょう。

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話