安い葬儀は内容もやっぱり悪い?

      2018/11/19

 

安い葬儀はやぱり内容も悪いのでしょうか?

 

格安葬儀社

Sponsord Link

 

安い葬儀が悪い葬儀になるかは一概には言えません。

 

安い葬儀についてまとめてみました。

 

品質は悪い?

たとえば葬儀社Aより葬儀社Bが20万円安かったとしましょう。

 

葬儀社Bの品質は悪くなるのでしょうか?

 

悪質な葬儀社以外は、品質は悪くはありません、というのが答えです。

 

品質は一般的なものと考えてよいでしょう。

 

葬儀社Aの品質がグレードアップしていると考えればよいかもしれません。

 

しかし、高額な葬儀社の場合は、品質は同じだけど20万円から50万円くらい高いなんて、よくあります。

 

サービスや人材が悪い?

安い葬儀の場合、人材不足でサービスが行き届かないという場合もあります。

 

しかし、それは家族葬での依頼だったのに、一般の人が多数来てしまったというような場合です。

 

家族葬で20名の予定が100名なってしまった・・・案内や運営のスタッフがたりるわけがありません。

 

葬儀でもなんでも一番経費がかかるのは人材です。

 

家族葬の場合、安い理由の1つは人材が少なくてよいからです。

 

ですので葬儀の場合、急に参列者が増えてしまったなどという場合に、対応やサービスが追いつかない事があるのです。

 

安い葬儀 まとめ

安い葬儀というのは、基本的には人材が少なくてすむ家族葬などの場合が多いです。

 

しかし、最近では、昔ながらの高額葬儀を見直し、低価格で優秀な葬儀社も増えてきました。

 

高額葬儀と低価格の葬儀だと、金額が50万以上違うなども、普通ですので本当に注意してください。

 

低価格で優秀な葬儀社に依頼できるかは自分しだい

低価格で優秀な葬儀社に依頼できるかどうかは、ご自分しだいです。

 

格安で親切な葬儀社は増えてはいますが、何もしなければ、依頼できるわけもありません。

 

しかし、知っていれば誰でもカンタンに低価格で良心的な葬儀社に依頼する事ができるのです。

 

一度、みてください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話