葬儀屋の仕事がきつい理由!

      2018/11/07

 

葬儀屋の仕事は本当にきついのか?

その理由をしらべてみました。

 

葬儀屋きつい

Sponsord Link

 

24時間勤務

人はいつ亡くなるかわかりません。

 

人が無くなる時間は誰にもわかりません。

 

ですので、葬儀屋さんは24時間いつでも出動する可能性があるのです。

 

これでは旅行もできませんし、酔っぱらって熟睡するわけにもいきません。

 

ここが葬儀屋さんのきついところの1つです。

 

ある意味、24時間いつ仕事が入ってくるのかわからないので、常に構えていなくてはなりません。

 

重い

葬儀屋としては、当然ですが、ご遺体を持ちあげたり運んだりします。

 

場合によっては体重がかなり重い方もいます。

ご遺体を運ぶ作業はかなりの重労働です。

 

気を付けないと腰をおかしくしてしまう可能性もあります。

 

手袋が必要

ご遺体を処置したり搬送する際には体液や血液が出ている場合もございます。

 

死亡後に時間が経過している際には、腐敗している場合もあります。

 

衛生的に問題があり、ご遺体に触れる際には手袋をするのがベストですが、あまりされない葬儀社が多いです。

 

葬儀社はぼったくりも多い

葬儀社は特殊な仕事できついというイメージもあるので、昔は高額なのが当たり前でした。

昨今では、葬儀費用は下落し続けていますが・・・・

いまだに昔かたぎの強い葬儀社は高額の費用のままなのです。

そんなところに依頼すると、とんでもない費用を請求されるので本当に気を付けてください。

しかもそんな葬儀社は、まだまだたくさんあるのが現状なのです。

誰でも格安の葬儀社を探せる方法を紹介します。

↓ ↓ ↓

→8割が知らない!低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

Sponsord Link

 - 葬儀を知る