葬儀の手順!誰でもわかる!簡単まとめ!

      2018/11/20

 

葬儀の手順!

 

チェックリスト

Sponsord Link

 

誰でもわかるように、簡単にまとめました。

 

ご遺体の引き取り

お亡くなりになった後は、ご遺体の引き取りとなります。

 

病院の場合は、すぐにご遺体の引き取りとなりますが・・・・

 

ご自宅などでお亡くなりになり、警察で検死を必要とする場合は、警察から連絡があり次第の引き取りとなります。

警察の場合は、長いと数日かかる事もございます。

 

死亡診断書の受け取り

死亡診断書を病院または警察から受け取ります。

 

病院の先生などのご都合で、死亡診断書の受け取りが後日となる事もあります。

 

葬儀社に連絡

葬儀社に連絡して、ご遺体の引き取り、つまりご遺体の移動を依頼します。

 

事前に葬儀社を決めておくとスムーズでよいでしょう。

 

ご遺体の安置場所の決定

ご遺体の安置場所を決定します。

 

ご自宅またはご遺体安置所にご遺体を移動し安置します。

 

葬儀社と相談して決定します。

 

葬儀や家族葬の打合せ

ご遺体の安置が終了したら、葬儀社と葬儀の打合せを行います。

 

葬儀場の決定

何よりも葬儀や家族葬をどこの葬儀場で行うかを一番初めに決定します。

 

場所が決まって初めて、その葬儀場の空き場などをふまえて日時を決定する事ができます。

 

遺族や宗教者のスケジュール調整

葬儀場の空き状況は葬儀社の担当社が調べてくれます。

 

葬儀場の空き状況と遺族や宗教者のスケジュールを調整して、日時を決定します。

 

最後に葬儀の詳細の決定

最後に葬儀や家族葬の詳細を決定します。

 

祭壇やお棺のグレード。

料理や返礼品の内容などなど。

 

葬儀社の決定で50万は安くなる?

葬儀社の決定は十分に注意しましょう。

 

最近では格安で良心的な葬儀社が増えてきている一方で・・・・

 

実は、まだまだ高額な葬儀社もたくさんあります。

 

 

昔ながらの高額葬儀社は料金的に言ったら、50万円とか高くなるのは、よくある事です。

 

何も調べない人や、適当に葬儀社を決める人は、こういった高額葬儀社に依頼してしまうのです。

 

以下に誰でもスグに低価格で良心的な葬儀社を探せる方法を紹介します。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る