今日なくなったらいつ葬式?

      2018/11/20

 

今日なくなったらいつ葬式?

 

カレンダー友引

Sponsord Link

 

もし、ご心配なお身内がいる場合、考えたくはありませんが、頭をよぎりますよね。

 

いつかは誰にでも訪れる事なので、考えざるおえません。

 

今日なくなったらいつ葬式?

今日亡くなったらいつ葬式か?

 

たとえば2日後?それとも3日後?

 

実は、いつ葬式ができるかは誰にもわかりません。

 

その時、その時により状況はすべて異なるからです。

 

まずは葬儀を行う場所

お身内が亡くなって、葬儀の打合せをするうえで、まず葬儀をする場所を決めなければなりません。

 

たとえばA葬儀場で葬儀をすると決めているとしましょう。

 

その場合、3日後に葬儀葬式が行えるのでしょうか?

 

それはNOです。

 

なぜかって?A葬儀場が空いているかわからないからです。

 

A葬儀場は空いている時もあれば、混んでいる時もあります。

 

空いてる時は2日後に葬儀葬式ができるかもしれませんが、混んでいれば1週間待たされる事もあります。

 

火葬場も予約

葬儀場の予約にあわせて火葬場の時間もおさえなければなりません。

 

葬儀場の予約ができても火葬場の予約ができなければ、葬儀は行えません。

 

宗教者の都合

また葬儀場を予約する時の注意点の1つは宗教者のスケジュールです。

 

宗教が紹介の場合なら、宗教者が葬儀にあわせて来てくれますが・・・

 

檀家と菩提寺の関係であれば、宗教者の方が立場が上なので、宗教者にあわせて予約しなければなりません。

 

葬儀社は大丈夫?高額な葬儀社にすると地獄です・・

葬儀社えらびは大丈夫ですか?

 

高額な葬儀社を選ぶと、本当に遺族が地獄です。

 

最近、増えて来た低価格の葬儀社と、昔ながらの高額葬儀社で・・・

 

50万以上金額が違う事もざらです。

 

本当に気をつけましょう。

 

調べない人や、気にしない人は、高額の葬儀社に依頼してしまって後悔するのです。

 

 

以下で、低価格の親切な葬儀社をみてください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話