葬儀費用がない場合の対策や方法!

      2018/11/20

 

葬儀費用がない場合の対策や方法はどうすればよいのでしょうか?

 

葬儀費用は決して安くありません。

 

ボロ儲け

Sponsord Link

 

葬儀式を行わない直葬であっても15万円から20万円ほどかかります。

 

お通夜、告別式と行えば、50万円から100万円は簡単にいってしまいます。

 

では葬儀費用がない場合はどうすればよいのか?

 

まとめてみました。

 

クレジットカード払いにする

葬儀費用がない場合の方法や対策の1つはクレジットカード払いにすることです。

 

分割払いが可能ですからね。

 

注意点としてはクレジットカード払いが可能な葬儀社を探さねばなりません。

 

まだまだ世の中にはクレジットカード払いができない葬儀社の方が多いと考えた方がよいでしょう。

 

分割払いが可能な葬儀社を探す

利息なしで分割払いを了承してくれる葬儀社さんも世の中にはあります。

 

たとえば葬儀費用が100万円かかったとして、葬儀が終わったあとに1ヵ月ごとに10万円支払っていく方法です。

 

10ヶ月で支払いが終わりますね。

 

利息はかからずに了承してくれる良心的な葬儀社さんもあるのです。

 

生活保護受給者になる

生活保護受給者の場合、最低限の葬儀費用が役所から支給されます。

 

生活保護受給者となるには、様々な高いハードルがあるかと思いますが・・・

 

生活保護受給者の場合は、最低限の葬儀費用、つまり火葬のみなどですね、その費用が支給されます。

 

クレジットカード払いや分割払いが可能な葬儀社

葬儀費用がない場合、クレジットカード払いや場合によって分割払いが可能な葬儀社を探さねばなりません。

 

以下に、クレジットカード払いや場合によって分割払いが可能な葬儀社を紹介します。

 

さらに格安で安心の葬儀社!

 

クレジットカード払いも可能。

 

そして、格安で親切、安心な葬儀社を紹介します。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る