葬儀費用!家族葬が安いと思ったら大間違い!

      2018/11/20

 

葬儀費用!

家族葬が安いと思ったら大間違いです!

 

びっくり

Sponsord Link

 

家族葬は安いのではなく、安くすることもできる!と考えてください。

 

火葬料や骨壺の料金は同じ

一般葬でも家族葬でも、火葬料や骨壺の料金は同じです。

 

例えば、大理石の骨壺や火葬炉のグレードを上げれば料金は高くなりますが、

普通のグレードであれば同じです。

 

お棺の料金は?

お棺の料金も普通グレードであれば料金は同じです。

 

祭壇の料金は?

祭壇の料金は?

祭壇の料金も一般のグレードを選べば同じなのです。

 

家族葬と一般葬の料金はどこが違うの?

たとえば、祭壇に差をつける事ができます。

 

家族だけなので、祭壇はなるべく小さく・・・と考えれば料金は下がります。

 

極端に言えば、祭壇はなくてもよいのです。

 

祭壇なしとすれば、料金はとうぜん下がるでしょう。

 

料理と返礼品

あとは料理と返礼品をみてみましょう。

 

料理と返礼品は、人数が多ければ多いほど、高くなるのは当たり前ですね。

 

なので家族葬より、一般の人が多数参列する一般葬の方が高くなる?

 

と思いがちですが、よく考えてみてください。

 

たくさん人が来れば、たくさんお香典をいただきます。

 

返礼品と料理は、だいたいお香典でまかなえます。

 

ですので、料理と返礼品はお香典でチャラだと考えてください。

 

ですので、料理と返礼品の金額は葬儀料金として考えなくてよいのです。

 

最安値の家族葬を希望する!

家族葬でもグレードを上げれば、費用は高くなるのです。

 

なので最安値の家族葬でと、しっかりと意思表示する事が大事です。

 

以下のような優秀な葬儀のポータルサイトであれば、基本的には低価格の良心的な葬儀社を紹介してくれます。

 

希望をしっかりと伝えておけば、本当に親切に探してくれます。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀費用の裏側