葬儀の受付は誰に頼めばいいのでしょうか?

   

 

葬儀の受付は誰に頼めばいいのでしょうか?

 

受付

Sponsord Link

 

葬儀の受付についてまとめてみました。

 

一般葬の受付

一般葬の受付の場合、多数の参列者が予想されます。

 

ですので受付担当の人数もある程度必要です。

 

だいたいは町会さん、遺族や故人の会社関係者、友人などなどで、お手伝いいただきます。

 

受付をお手伝いしてもらう人数は、参列者の人数によりますが、4人から8人くらいが一般的です。

 

一般葬の場合は、受付が金額もすべて計算しますので、参列者の人数が多い場合は、それなりの人数が必要です。

 

家族葬の受付

家族葬の受付の場合はどうでしょう。

 

家族葬の場合、葬儀に参列するのが遺族と親族だけというのが前提です。

 

ですので、参列者は多くても30名から40名くらいでしょう。

 

家族葬の場合は、人数も少ないということから、遺族や親族が受付をする場合が多いです。

 

受付をする人数も少ないので、お香典は受けるだけにして、帰ってから金額など確認する事が多いようです。

 

信頼していただく事が前提ですが、場合によっては葬儀社が受付を代行し、お香典をお預かりして、式の終了後に喪主にお渡しする場合もあります。

Sponsord Link

 - 葬儀を知る