葬儀が!できない!やりたくない!2度としない!という社会問題!

   

葬儀が・・・・

できない!やりたくない!2度としない!

という社会問題!

 

問題

Sponsord Link

 

これはどういう意味なのでしょうか?

1つずつ詳しくみていきましょう。

 

葬儀ができない

現在、葬儀ができない、という人々がたくさんいます。

つまり、お金がなくて葬儀ができないのです。

 

今、現在、年金暮らしの高齢の方々がたくさんいます。

その日暮らしのお金しかないのです。

 

普通の葬儀だと、かなり低く見積もっても・・・50万ほどは必要です。

直葬であれば、安いところで15万から20万です。

 

普通の葬儀などもってのほか、直葬ですらできな人々が多いのです。

※直葬・・・お通夜や告別式といった儀式を行わず火葬だけすること

 

葬儀をやりたくない

葬儀をやりたくない・・・

こういった人々は、実は葬儀はしたいのです。

 

大事な人の葬儀です。

本音は葬儀や家族葬がしたいのです。

 

ではなぜやりたくないのか・・・・

あまりにも、葬儀の見積りや金額が高額すぎるからです。

 

現代の人々は、葬儀に支払う高額な金額に、その価値を感じていないのです。

 

葬儀は2度としない

葬儀は2度としない・・・

これはどういう意味なのでしょうか・・・

 

2度とと言うことは、1度、葬儀をした人ですね。

これは、1度めに行った葬儀があまりにも高額すぎたので、もう次は葬儀はしない、という事です。

 

これらの方々も、葬儀で支払った高額な料金が、その価値に見合っていないと感じたということですね。

 

葬儀を2度としない、と思った方は、次回、だいたい直葬にしてしまうようですね。

 

これらの問題!解決方法は?

これらの問題ですが、どのように解決すればよいでしょうか?

これを解決する方法はたった1つです。

 

葬儀や家族葬を、安くて良い葬儀にすればよいのです。

華美に飾る必要はなく、普通に良い葬儀で安ければよいのです。

 

残念ながら高額な葬儀社ばかり

安くて普通に良い葬儀社を探したいけど・・・

世の中は残念ながら、高額な葬儀社ばかり・・・

 

それは、伝統的に葬儀とは高額なものだからです。

特殊で過酷な仕事という事もあったと思いますが、やはり高すぎるのです。

 

高いから、これだけ葬儀離れが激しくなっているのです。

 

高額な葬儀社と安い葬儀社、どれだけの差額があると思いますか?

場合によっては100万以上になっても、不思議ではありません。

 

安くて親切な葬儀社を探す

安くて親切な葬儀社を探したいですよね。

でも、安くて良い葬儀社はどのように探せばいいのでしょうか?

 

低価格で良心的な葬儀社は数も少ないので、見つけるのは大変です・・・

と思われがちですが、方法さえ知っていれば何てことないのです。

ぜひ、ご覧ください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

 

Sponsord Link

 - 葬儀業界ウラ話