葬儀費用の支払い!銀行からおろせない!期日は?カードは?

   

葬儀費用の支払い!

銀行からおろせない!

期日は?カードは?

 

支払い

Sponsord Link

 

今回は葬儀費用の支払いのあれこれ、について、まとめてみました。

さっそく詳しくみていきましょう。

 

銀行口座の凍結に注意

まず最初に銀行口座の凍結に注意しましょう。

お亡くなりになった方の銀行口座は、相続の手続きが済むまで凍結されてしまいます。

凍結というのは、お金をおろしたり、預けたりなど、いかなる手続きもできなくなってしまうことです。

 

葬儀費用を銀行からおろそうとしたら、凍結していた、なんてよくある事です。

 

銀行口座の凍結対策

銀行口座の凍結対策もありますので、よく確認しておきましょう。

 

銀行の口座が凍結されるのは、どのタイミングでしょうか?

それは、銀行が口座の名義人本人が亡くなった事を正確に確認できたら・・・となります。

 

よく死亡届を役所に出したら、と思っている人もいますが・・・

それは違います。

役所から銀行に死亡の情報が流れることはありません。

個人情報ですからね。

 

ではどうやって銀行は、口座の名義人本人が亡くなったことを知るのか?

遺族や親族、または第三者から死亡の情報を聞いて間違いなく確認したとき・・・

あとは、訃報などで確認ができたときとなります・・・

 

訃報などを出す前であれば、ほとんどの場合で、銀行口座はまだ凍結されないのです。

口座が凍結される前であれば、ATMで現金を引き出すことができますね。

一日の限度額がありますので、数日にわけて現金を引き出しておきましょう。

 

ATMで引き出すためには、暗証番号が必要となりますので、必ず事前に確認しておきましょう。

 

支払いの期日

葬儀費用の支払いの期日は、いつまでなのでしょうか?

これは葬儀社によります。

 

一か月待ってくれる場合もあれば、すぐに支払ってください、という葬儀社もあるでしょう。

これは葬儀社しだいです。

 

銀行口座が凍結したから、凍結解除まで待ってくれという、方もいらっしゃいます。

待ってくれるかどうかは、葬儀社しだいです。

 

現金かカードか・・・

支払いは現金かカードか・・・

これも葬儀社によります。

 

昔ながらの葬儀社ほど、高額なのにカードも使えないところが多いので注意しましょう。

葬儀社は意外と時代遅れなので、対応できていないところが多いです。

 

最近ではクレジットカード支払いができる葬儀社が増えてはいます。

クレジットカード支払いも葬儀社に経費がかかります。

なので、本当に安い葬儀社の場合は、カードが使えない葬儀社も多いです。

 

いずれにしろ低価格がよい

いずれにしろ葬儀費用は低価格にこしたことはないですね。

安いけど、質もサービスも最悪では、たまりませんが・・・

しっかりと正しく葬儀社選びができれば、その心配はありません。

 

ぜひ、以下の方法をご覧ください。

きっと、低価格で素晴らしい葬儀社がみつかるでしょう。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

 

Sponsord Link

 - 葬儀を知る