本当にいいのか?家族葬とは何か今一度かんがえる!

   

本当にいいのか?

家族葬とは何か、今一度かんがえる!

 

考える (3)

Sponsord Link

 

家族葬にもメリット・デメリットがあります。

それを、よく理解して後悔のない葬儀を行いましょう。

 

家族葬とは何か・・

まずは家族葬とは何か・・・

誰でもわかるように、わかりやすく考えてみましょう。

 

家族葬とは、名前の通り、家族で行う葬儀と考えて、差し支えありません。

家族のみで葬儀を行う事が家族葬になります。

 

本当に家族葬だけなのか?

しかし、実際には家族だけで行う葬儀というのは、ほとんどありません。

家族葬とはいえ、近い親族はたいていの場合で参列されますし、仲の良い友人が参列されることあります。

 

家族葬の平均の参列人数は、遺族と親族あわせて、だいたい20人から30人くらいです。

 

家族葬とうたっていたのに、聞きづてにたくさんの人が葬儀の日に来場してしまい、一般葬になってしまった・・・

なんて事もあるのです。

 

家族葬のメリット

では家族葬のメリット、良い点についてみてみましょう。

●費用が安くなりやすい

●ゆっくり故人を送りだせる

●気を使わずにすむ

 

これらが家族葬の最大のメリットです。

 

グレードを上げなくてよいので費用は休めに抑えられます。

家族だけなので、ゆっくりと心を込めて故人をお見送りする事ができます。

上司やお偉いさんなど、来賓がいないので気を使わずに済みます。

 

家族葬のデメリット

では家族葬のデメリット、悪い点についてみてみましょう。

●非難される

●葬儀で参列者にご迷惑をかける

●葬儀後の対応が大変

 

家族葬は上記のようなデメリットが考えられます。

 

親族や関係者に、死んだ事を知らせてくれなかった、と非難をあびる事があります。

家族葬なのに一般の人々に漏れてしまい、参列された方々の案内や接待もろくにできず、返礼品もなく、参列者にご迷惑をかける場合があります。

葬儀後に亡くなった事をしった人々が自宅に押し寄せます。

 

家族葬も一長一短なのです

そうです。

家族葬も一長一短なのです。

 

家族葬が自分に適しているか、見極めて選択する事が大事なのです。

 

葬儀社の選択も大事

家族葬にすべきかも大事ですが・・・

葬儀社えらびも大事です。

 

選んだ葬儀社によって、費用も質やサービスもぜんぜん変わってきます。

やはり安くて良い葬儀社を依頼するのがイチバンいいのです。

高くて、無愛想でサービスが悪い葬儀社は、今でも多いです。

 

安くて優秀な葬儀社を選ぶ方法

 

今の時代、安くて優秀な葬儀社を選ぶ方法があるのです。

知っている人は、みな利用しているのです。

 

知らない人は、良い葬儀社を選ぶチャンスをみすみす逃しています。

ぜひ、ご確認ください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 最高の葬儀の内容