すごく要注意!直葬でも葬儀社によって高い安い・・と違うのです!

   

すごく要注意!

直葬でも葬儀社によって高い安い・・と違うのです!

 

高い安い (2)

Sponsord Link

 

直葬は安い・・・というのは間違いではありません。

しかし、安い中でも、高い安いがあるのです。

 

直葬ってどんな葬儀?

直葬ってどんな葬儀なんでしょう。

直葬は葬儀形式の中では、もっとも費用を抑えてできる葬儀です。

 

直葬とは、火葬のみを行う葬儀です。

一般的な葬儀や家族葬は、お通夜を行い、次の日に告別式を行いますよね。

それらはすべて省略して、火葬のみを行う葬儀です。

 

すべて省略するので、一番安い葬儀形式となるのです。

 

 

直葬の相場ってどれくらい?

では直葬の相場ってどれくらいなのでしょうか?

直葬の相場は、だいたい25万円くらいといえるでしょうか・・・

 

平均が25万円くらいだと思いますので・・・

下は15万円くらいから、上は40万円くらいまで幅広くなります。

 

そうです。

場合によっては、直葬でも30万円くらい差額があるのです。

 

 

なんでこんなに値段が違うの?

なんで同じ直葬なのに、こんなに葬儀社によって値段が違うのでしょうか?

それには、実は理由があります。

 

葬儀業界が変化したことが一番の理由でしょう。

 

インターネットでの葬儀依頼!

近年、葬儀業界も透明化がすすみ、様々な情報が簡単に得られるようになりました。

それに伴い、インターネットにより葬儀を依頼する人が爆発的に増えました。

 

インターネットの場合、なんの商品でもそうなのですが、最後には低価格競争になります。

ネットの場合、みなさん同じ条件で広告宣伝ができるので、差別化がつけにくく、最終的に低価格勝負となるのです。

それは葬儀も同じなのです。

 

昔ながらの葬儀社

インターネットで葬儀費用がどんどん安くなっていて、すでにギリギリの低価格のところまで来ています。

ところが一方では、まだまだ高額な葬儀費用の場合もあります。

 

それは、インターネットの低価格競争のあおりを受けていない葬儀社の場合です。

まだまだ地域の繋がりが強く、地元民の葬儀は○○葬儀社と決まっている地域などは、まだまだ昔のままで、葬儀費用が高いところが多いです。

あとは、病院や警察などから、葬儀社を紹介してもらった場合・・・

この場合も、紹介してもらった以上、葬儀社の言い値になる事が多く、高くなる可能性が高いのです。

 

安くて良い直葬

実は、安くて良い直葬にするために、良い葬儀社を探すにはコツがあります。

 

なんでも信頼できる情報を知っている人が勝ちなのです。

 

ぜひ、上手に葬儀をしている人々の方法をご覧ください。

→8割が知らない?低価格で優秀な葬儀社を選ぶ方法!

 

Sponsord Link

 - 葬儀費用の裏側